ホーム » これで万全!フォークリフトライセンスの傾向と対策

これで万全!フォークリフトライセンスの傾向と対策

就職にも有利なフォークリフトライセンス

フォークリフトの免許は厳密にいうと運転技能講習修了証とよばれます。最近ではフォークリフトの多機能・小型化に伴って運送業などの流通にかかわる業種以外でも、大手スーパーやその他の路面店などの小売業で盛んに使われるようになり、人気のある資格になっています。フォークリフトを操作する際に必須のライセンスのため、所持しているだけで有利になるといわれており、たとえば同じ倉庫内作業の場合でも時給や給与に大きな違いが出てきます。

環境によって料金・期間が異なる

フォークリフトライセンスは、通常ですと学科11時間、技能24時間の合計35時間必要になりますが、所持している免許によって講習時間が減免されます。たとえ普通自動車免許であっても減免されるので注意しておきましょう。免許の取得は各教習所で行っていますからインターネットなどで検索するといいでしょう。学科講習が終了後、試験がありますがマークシートや○×式の簡単なものですからそれほど心配しなくても大丈夫です。また、学科試験に合格しないと技能に進めないため、追加講習などの措置を講じてくれる教習所もあるようです。

最後の技能検定は時間に注意

実際にフォークリフトを操作する実技教習が終了したあと最終日に技能検定が行われます。減点方式でミスがあるたびに持ち点から減点されていき、マイナス分が30点を超えると落第になってしまいます。障害物への接触などは5点前後の大きな減点になるので注意が必要ですが、それ以外にも基本的なところで損をしないように注意しましょう。最初にフォークリフトに乗り込むときの安全確認や、左側から乗降するという基本的なことで減点されるともったいないですからね。

フォークリフトは重量のある荷物を運搬するための車両です。用途の性質上、狭く視界が悪い場所で操作する機会が多いので運転の際は必ず周囲の状況をよく確認するのが事故防止の心得になります。

2016年4月
    5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930