ホーム » SEOを意識しすぎると検索順位は低くなる?

SEOを意識しすぎると検索順位は低くなる?

キーワードを入れるのが大切と言うけれど

ホームページを作る上で欠かせないのは、SEO(検索エンジン最適化)と言われて久しいですね。大手の検索エンジンに登録されるためには、売り込みたいキーワードを作ったページに入れることが大切であることはもはや言うまでもないほど常識となっていますが、SEO対策を意識しすぎるあまりに、逆にページの内容が薄くなってしまったりしてませんか。今回は、SEO対策において本当に守りたい注意点についてご紹介してゆきます。

キーワードは全体の5%以内に収めるのが理想?

第一の注意点として、「キーワードを入れすぎないこと」を挙げてみます。大手検索エンジンのSEO対策で一般的に知られているのは「キーワードの量はページ全体の5%以内が望ましい」ことです。つまり、キーワードをわざと連呼してみたり、不自然な使い方をしてページに盛り込もうとすると、検索エンジンはその行為を不正とみなし、ページの検索順位を逆に下げてしまう恐れあるのです。不正ページの排除傾向は年々強くなっているので、あからさまな対策はしない方が無難なのかもしれません。

役に立つ記事を書くことが検索順位上昇への近道?

SEOに対する配慮は、ページ内のキャッチコピーなどにも共通して言えるでしょう。キーワードを意識して入れるのは大事なことですが、無理をして入れるてしまうと今度は検索エンジンではなく、訪れたユーザーにも嫌われる可能性が高くなります。検索エンジンは訪れたユーザーのページの滞在時間も検索順位を決める条件に入れていると言われています。少しでも長くページに滞在してもらうには、キーワードを詰め込むことよりもちゃんと目を引くこと。そして、ページの要点をまとめて読みやすくなるための見出しであることを意識しなくてはなりません。簡単にまとめると、ちゃんと良質なコンテンツとしてみんなの役にたつ記事を投稿していれば、検索順位は自然と上がってゆくということです。SEO対策に対して必要以上に躍起にならずに、良い記事を書くことに専念してみてはいかがでしょうか。

ホームページ作成とSEOの関係ですが、いくらすごいホームページを作成しても見られないと意味がないです、そこで検索エンジンの上位に表示されるようにするSEO対策が重要になります。

2016年4月
    5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930